トップに戻る イベント情報 今回のプレゼント 全画協について
 
見本写真を表示

葦ペンで描くので、墨(インク)が、流れないように水平に紙がおけるテーブル上で制作します。
(上) 葦ペンの
横を使う
(下) 葦ペンの
先を使う
 
1.
葦ペンでラインを描く
葦ペンを使い、花や葉を線で描いていく。

[ヒント]
※ペン先を使って細い線、横に寝かせて太い線、などペン先を回転させるような感覚で角度を変えながら、線の強弱をつけて描く。
全体の強弱と一つの花の強弱をつける。
 
線がかすれても、偶然の風合いが出る。
 
この辺は遠景になるのであまり描き込みすぎず、わざと省略して描く。
※後で色を入れることを頭にいれておく。
[ヒント]
※葦ペンの線によるドローイングが出来たら、インクを完全に乾燥させる。図案用インクや墨汁は、一度乾くと水彩絵具を塗っても溶けないが、絵具を塗るのが早すぎると少しニジミが出る。
2.
花瓶をおおまかに彩色する
インクが乾いたら、彩色筆を使い、たっぷり水を含ませて絵具を溶かし、筆にたっぷり含ませた水彩絵具で色をつけていく。
 
絵具が乾く前に、濃い色を含ませた筆で他の色をのせ、にじませていく。
※今回は透明水彩絵具を使用し、最初に描いた黒い線が見えるようにしている。
(また、透明水彩絵具は、きれいな発色の色と黒い線が織りなす軽快な画面が出来上がる。)
3.
中央の花を塗る
細かい部分は後で葦ペンを使い描き起こすことを頭に入れて、彩色筆で省略しながら塗っていく。
 
アルストロメリアの花を塗る。
 
カサブランカの花弁や薄いライン等、細かい箇所は面相筆を使う。
 
前ページへ ↑このページの最上段へ
次ページへ
 
Copyright (C) 2001 eokaku.com All Rights Reserved.
無断転載禁止