トップに戻る イベント情報 今回のプレゼント 全画協について
muse02
holbein
 
 
ペットを描く(猫)/色鉛筆でのドローイング
今回の難易度:★★


完成図--クリックして次へお進み下さい。
今回のポイント
ソフトタイプの色鉛筆は、何色も色を重ねて、よく塗り込んだドローイングができます。ペットの猫を「全体を猫のではなく、顔と前足だけ」じっくり描き込み、胴体は最初に描いた油絵具のドロッピングと粗いハッチングとアウトラインで纏めます。猫の顔の命ともいえる「ヒゲ」は、ソフトホワイトをライターの火で溶かして盛り上げて描きます。
■画材をそろえよう
水彩紙(荒目)
ホルベイン 色鉛筆(油性のワックスタイプ)
油絵具(グリーン・ライトレッド)
ホルベイン ペトロール
刷毛 幅25ミリ
ライター
フィキサチーフ
※画材をご購入の際は、お近くのショップへ
画材の説明表示 SHOP
今回の先生
田伏 勉(たぶし べん)先生
1949年
1981年
1983年


1988年
1992年
1995年
1999年
現在
大阪府に生まれる
昭和会展招待出品(’83 ’89)
安井賞展出品(’83 ’94)
日伯現代美術展にて優秀賞・文化庁現代美術展出品
天展にて大賞・セントラル油絵大賞展招待出品
上野の森絵画大賞展にて佳作賞、フジテレビ賞
小磯良平大賞展
吉本興業心斎橋2丁目劇場にて舞台美術
大関出島、化粧回しデザイン
独立美術協会会員・日本美術家連盟会員・大阪府立看護大学講師
ソフトタイプの色鉛筆(油性)の特長
クレヨンに近い柔らかい芯の色鉛筆は絵を描くときに重宝な色鉛筆です。固い芯の色鉛筆ではハッチング(細かい線の繰り返し塗り)で色と色を並べて表現しますが、芯の柔らかい色鉛筆では油絵具での表現のように2層3層と重ねて表現できます。
画面で色を混ぜたり、ぼかしたりしたいときは、「メルツ」というぼかし液を筆につけて塗ると油絵具を塗ったようにすることができます。
ソフトホワイトはホワイトをより柔らかくしたホワイトなので油絵でハイライト部分に最後のタッチをホワイトで入れるのと同じように、光った部分などの表現に力を発揮します。

次ページへ

当ホームページは、A4用紙に印刷できるようにレイアウトされています。描き方を参照しながら描きたい方は、プリントアウトを見て制作されると便利です。
ご注意:印刷の設定はブラウザやパソコンの環境ごとに異なります。余白サイズによってはA4用紙に収まらない場合もありますが、その場合はブラウザの印刷設定(Windows版IEの場合:ファイル(F)→ページ設定(U))を調節してください。
 
Copyright (C) 2001 eokaku.com All Rights Reserved.
無断転載禁止