トップに戻る イベント情報 今回のプレゼント 全画協について
 
人物画を描く/『レッスンの合間に』
今回の難易度:★★
完成図--クリックして次へお進み下さい。
過去の記事


左の絵をクリックして描き方STEPにお進みください。
今回のポイント
100号という大画面に人物画を描くとき、顔がほぼ実物大になるので、筆のタッチの入れ方に注意して描きます。バックや周りのものにもこまかい注意をして描きます。
■道具を用意しよう
・筆 (豚毛の平筆7本ぐらい)
・パレット(ホワイト)
・油絵具(基本12色)
・ペインティング ナイフ
・油壺
・溶き油(テレピン油と溶き油)
・木炭
・筆洗い器
・筆洗い液(ブラシクリーナ)
・イーゼル(三脚)
・キャンバス100号
・ボロ布
※画材をご購入の際は、お近くのショップへ SHOP
今回の先生
池田清明(いけだ せいめい)一水会委員・日展会友
1951
1974
1976
1987
1991
1991
1992
2000
2000
2001
岡山県笠岡市生まれ
大阪芸術大学卒業
一水会展に出品、初入選。
日展に出品、初入選
日展特選を受賞
一水会 一水会賞受賞
第1回小磯良平大賞展 入選
日展特選を受賞
一水会 文部大臣奨励賞受賞
笠岡市 第二回ワコー文化賞受賞
  その他個展多数 
  画集「池田清明画集」(六芸書房)
  技法書「池田清明の人物画テクニック」(一枚の絵(株))
このページは、「池田清明の人物画テクニック」(一枚の絵(株))より転載いたしました。

『池田清明の人物画テクニック』一枚の絵(株)
次ページへ

当ホームページは、A4用紙に印刷できるようにレイアウトされています。描き方を参照しながら描きたい方は、プリントアウトを見て制作されると便利です。
ご注意:印刷の設定はブラウザやパソコンの環境ごとに異なります。余白サイズによってはA4用紙に収まらない場合もありますが、その場合はブラウザの印刷設定(Windows版IEの場合:ファイル(F)→ページ設定(U))を調節してください。
 
Copyright (C) 2001 eokaku.com All Rights Reserved.
無断転載禁止