トップに戻る イベント情報 今回のプレゼント 全画協について
 
色見本を表示

 
下書き--クリックで拡大表示
1.
紫陽花をスケッチする。
はじめに鉛筆でスケッチをして、色鉛筆や水彩絵具などを使い、楽しく彩色しましょう。
見本使用画材:鳳凰顔彩
2.
小下絵をつくる
自分の表現したいイメージを思い浮かべながら、1.のスケッチをもとに、構図や配色を考えて小下絵をつくり、出来上がりのイメージをつかんでおきます。
 
下書き--クリックで拡大表示
3.
下絵をつくる
1.のスケッチと2.の小下絵のイメージを参考にしながら下絵を描きます。
4.
下絵を写す
麻紙ボードの上に、念紙、下絵の順にのせ、上から鉛筆でなぞって下絵を写します。
※例題通りの絵を描きたい方は、ここをクリックすると下絵の拡大図が表示されます。

 
5.
骨描きをする
絵皿に墨を入れ、面相筆を使って 4.で写した下絵の輪郭をなぞり、骨描きをしていきます。
6.
バックを塗る
胡粉と水干 黄、金パールを膠液と一緒に混ぜて溶き、刷毛を使って一面に塗ります。このとき、紫陽花の上にかかってもかまいません。
 
前ページへ ↑このページの最上段へ
次ページへ
 



日本画に関するご意見、ご感想をお寄せ下さい。
 
Copyright (C) 2001 eokaku.com All Rights Reserved.
無断転載禁止