デッサンし、全体に色をのせる
  トップに戻る イベント情報 今回のプレゼント 全画協について
 
見本写真を表示

下書き--クリックで拡大表示
1.
おおまかに形をとる
パネルを水張りし、骨格だけを大切に形を取りながら、ムダな部分は省いていく。大事な部分だけを取り出す。
ここをクリックすると、下絵の拡大図が表示されます。
 
2.
明暗を塗り分ける
思いきり色の調子を見ながら明暗を塗り分ける。細かな形をあまり意識せず、できるだけ自由な感覚で描く。
※ポイントは明るいところの描き込み。(この後の効果につながる)
刷毛で上下、左右に素早く動かして、画面全体にのばしていく。
※色が複雑に混じり合い、明暗や輪郭線が淡くなった感じになる。ペトロールが揮発するまで待つ。
3.
ペトロールで塗りつぶす
   
4.

デッサンを描きおこす
ペトロールが少し塗れている状態(クレパスののびが良い)になったら、形と色を描きおこす。

 
・茶で全体の輪郭を描く
・白で空を塗り、屋根との境界線は強くする。
・ライトレッドとブラウンで屋根を塗る。
オイルパステルの平らな部分と角とを使い分けて、壁、屋根、窓、地面のコントラストをつける。
壁は指で色をのばす。
※オイルパステルを伸ばすときは、布もしくは指を使う。
5.
全体を描き込む
できるだけ、コントラストを強く描く。厚く塗っておくと、完成したときに盛り上がった効果を出す事ができる。
 

 
前ページへ ↑このページの最上段へ
次ページへ
 
Copyright (C) 2001 eokaku.com All Rights Reserved.
無断転載禁止