画材の救急箱
  トップに戻る イベント情報 全画協について
画材の救急箱top 基底材の種類 水彩紙 アクリル画の基底材
基底材の種類
Water color paper 水彩画の紙
1.水彩紙の原料
 水彩紙に使われる代表的原料には次のようなものがあります。
a コットン・リンター
 綿織物用の綿を取った後の種についている短い綿毛をもう一度取り、精製した物。コットンパルプと呼ばれている。採取・精製に手間がかかるが木材パルプより繊維が長く良質なので表面を筆で擦っても毛羽立たない(表面強度の強い)良質の水彩紙ができます。
(以前にはコットン・ラグといわれる綿布の古布を集めて溶かして再生していた水彩紙があったが、純綿製品が少なくなり、化繊との混紡が多くなったので入手難となり、現在はほとんどなくなりました)
b 木材パルプ
 赤松などの針葉樹のチップを化学的に処理しセルローズだけに精製したパルプ。木材を叩解しただけの「砕木パルプ」は経年変化し黄ばんだり、劣化しますが、科学的に処理し、セルローズのみのパルプで漉かれた紙はその変化がなく、繊維も長くて太いので専門家用の水彩紙の原料にされています。
c 非木材パルプ=ケナフ
 最近、地球環境保護の見地より、一年草の植物を育てて紙に利用するようになりました。代表的なものにケナフがあります。ケナフは木材パルプの針葉樹の繊維に近く、水彩紙にも使われています。
 その他 麻や竹、こうぞう(楮))みつまた(三椏)がんぴ(雁皮)などの和紙の原料にしているものなどいろいろあります。
2.水彩紙の漉き方
 現在紙を漉くには次の3方法があります。
a モールド・メイド(円網抄造=機械漉き)
 水槽内に水で薄めた原料を「漉き桁」ですくいパルプを一定の厚さまで積み上げ紙にする手漉き法の良さはパルプの繊維がタテヨコに並び紙の収縮が均等になる特徴があります。この一枚づつ漉きあげる手漉き法を円筒形の金網を回転させて漉くようにしたものが現在のモールド・メイド抄紙法です。紙の肌が手漉きに近く、厚い水彩紙ができるので高級美術用紙をつくる製紙法として用いられています。この製紙法は機械をあまり早く回すと繊維が機械の進む方向に向いてしまうので水彩紙を漉く時は機械の進む速度を遅くして繊維がタテヨコに混ざった状態になるように漉きます。
b フォードリニャ・メイド(長網抄造=機械漉き)
 回転している長く平らな金網の上に紙の原料を流し高速で紙を漉く方法です。印刷用紙や新聞用紙の製紙に用いられます。美術用には厚みをつけるため、何層にも重ねる加工法で漉きます。
c 手漉き法
 漉き枠を手で動かし紙の原料をすくい取り、一定の厚みの紙を漉く古代からある方法。
 和紙の製造に現在も用いられています。手漉き法は繊維の絡みがタテヨコ均一になり強い紙を作ることができますが、自然乾燥させるため効率が悪いので特定の紙に応用されています。
3.水彩紙の色
 水彩紙は一般には白色が使われます。不透明水彩絵具(ガッシュ)を使う時に色の着いた紙などを使う事がありますが、透明水彩絵具で描く時は白の絵具を使わず、紙の白を活用するので「紙の色=白色」が大切になります。 一般にはナチュラルホワイトと言われる少しクリームがかった紙と、ピュアホワイトと言われる純白の紙があります。
4.水彩紙の厚さ
 紙の厚みを表示する方法に坪量(1m2当たりの重さ)=g/m2連量(全判1,000枚の重さ)=kgがあります。水彩紙の厚みを表示するのは分かり易い坪量=g/m2(1m2で何グラムあるかの数字)が用いられます。
 水をたっぷり使うウオッシュ技法などを多用する作品や大きい画面の制作にはグラム数の大きい紙を使うと反ったり波打ったりしないので使いやすいです。薄い水彩紙は制作中に波打ちが起こりやすいので、パネル張りが必要です。
(作品の大きさと紙の厚みを選ぶ目安)
 四つ切り判程度の制作 185〜300 g/m2
 全紙判程度の制作 350〜600 g/m2
5.水彩紙の目(表面の凹凸)
 ここで言う「紙の目」とは縦目・横目のことではなく、紙の表面の肌のことです。
○細目(Smooth、Hot Press ホットプレスと称される)
 抄紙のとき、熱を加えたロールを通すので、ホットプレスといわれます。その結果表面の凹凸が少なくなり、滑らかで光沢が出ています。細目は水の吸い込みが早いので筆のタッチが残りやすくなります。吸い込みが早いと絵具の色は少し淡くなり、あっさりとした淡彩画や細密描写の作品に適しています。透明水彩絵具だけでなく、不透明水彩絵具(ガッシュ)やドローイングインクでの制作にも向いています。
○中目(Not ノットあるいは Cold Press コールドプレスと称される)
 抄紙のとき、常温のローラーを通すのでコールドプレスといわれます。その結果表面の凹凸が出ます。水の吸い込みもほどほどで、初心者には使いやすい紙目です。
 *Not とは Not Hot Press の Not だけを取って略した呼称です
○荒目(Rough ラフと称される)
 紙の表面の凹凸が大きく、水の吸い込みが少ないので水彩画独特の「にじみの効果」「ドライブラシ=かすれの効果」「スクラッチ=紙を削って白くする効果」が出せます。細かいタッチの表現には向きませんが、水彩絵具独特のかすれの効果が良く出るので、風景画や大きい作品に向いています。
 *水の吸い込み度合いは表面の目以外にサイジング(吸い込み調整)によることもありますので、紙の隅または小片でテストして確認して下さい。
6.水彩紙の表面強度
 鉛筆で描いた線を消しゴムで消したとき、毛羽立たない、ウオッシュ技法(洗い出し)、スクラッチ技法をしたときに表面が毛羽立たないことを表面強度が強いと言います。
 ヨーロッパやアメリカの水彩画家のようにウオッシュ技法を多用したり、洗い出しをしたり、色を何度も塗り重ねて描く技法には表面強度の強い紙が適しています。
7.水彩紙の吸い込みと乾燥時間
 水彩画の技法を充分に発揮できるように水彩紙には「吸い込み」「にじみ」「はじき」を調整する「サイジング処理」がされています。吸い込みが弱く、はじき気味の紙は絵具の水分が紙の表面に載って乾くので良い発色をします。反対に吸い込みが強い紙は絵具が水分と一緒に紙の中に吸い込まれるので色は少し沈み気味です。透明水彩画の独特の技法「色をしみ込ます技法=ウオッシュ」「水分の多い色を濃→淡にぼかす技法=グラデーション」には吸い込みの弱い紙が適しています。ウエットイン ウエットのような「にじみ」を活かす技法には吸い込みの弱い紙を使うか、吸い込みの強い紙なら制作前に紙に水を引き、湿らせておくと良いでしょう。吸い込みの弱い紙は表面に水分が載っているので、絵具の乾燥が遅くなります。反対に吸い込みの強い紙は水分が紙の芯へ入ってしまうので表面は早く水分がなくなり乾燥が早まります。
8.水彩紙の表と裏の見分け方
 水彩紙を漉くとき紙の繊維を毛布の上に載せて水分を取るため、水彩紙の裏には布目が 残っています。そして表面は紙の繊維が凹凸を作っています。薄い紙には布目が見えにくいものがありますが、この場合は平滑な面が裏で、うっすら凹凸のある面が表面です。
9.ウォーターマークと水張り
 高級な水彩紙には紙の端に漉かし文字やマークが入っていることがあります。この場合は文字が読めたり、マークが正常に見える面が表面です。
 水彩紙を水張りするときは、サイズが施されている表面に水を付けるとサイズが弱くなることがあります。表面の吸い込みを少なくして制作したいときは、紙の裏だけに水を付けて水張りするとサイズを弱めずに水張りができます。
10.代表的な水彩紙の比較表
この比較表は各社が相対的に表したものです。選ぶときの目安程度に利用して下さい。
水彩紙の比較表 - ホルベイン画材(株)
商品名 原料 水弾き
度合い
紙色 吸い込み
乾燥度
にじみ
ぼかし
技法
表面強度 マスキング
白抜き
洗い出し技法
紙目 紙の厚さ
ワットマン コットン 強め ピュア
ホワイト
遅め きれいに
できる
普通 普通 荒目・中目
・細目
185 g/m2
290 g/m2
400 g/m2
ウォーターフォード
ナチュラル
コットン やや
強め
ナチュラル やや
遅め
きれいに
できる
強い 最適 荒目・中目
・細目
190 g/m2
300 g/m2
425 g/m2
ウォーターフォード
ホワイト
ホワイト 300 g/m2
ストラスモア コットン 普通 ナチュラル
ホワイト
普通 簡単に
できる
強い 最適 荒目・中目
・細目
300 g/m2
クレスター コットン
パルプ
普通 ナチュラル
ホワイト
やや
早め
早めに
描画する
と良い
普通 普通 中目のみ 210 g/m2
アルビレオ パルプ
(長繊維)
普通 ホワイト 普通 簡単に
できる
強め 適当 中目のみ 218 g/m2
画用紙(一般) パルプ
(短繊維)
普通・
やや弱
ホワイト 早い 手早い
描画必要
弱い 可能
(調子をみながら)
一般的に中目 150 g/m2

210 g/m2
水彩紙の比較表 - (株)ミューズ
商品名 原料 水弾き
度合い
紙色 吸い込み
乾燥度
にじみ
ぼかし
技法
表面強度 マスキング
白抜き
洗い出し技法
紙目 紙の厚さ
ワトソン コットン
パルプ
強目 ナチュラル 早い 早めに
描画する
と良い
強い 最適 中目 190 g/m2
239 g/m2
300 g/m2
ホワイト
ワトソン
コットン
パルプ
強目 ホワイト 早い 早めに
描画する
と良い
強い 最適 中目 190 g/m2
300 g/m2
ミューズ
ケナフ
ケナフ
パルプ
弱目 ナチュラル 早い きれいに
できる
普通 普通 中目 190 g/m2
239 g/m2
マットサンダース パルプ 弱目 クリーム 早い きれいに
できる
普通 普通 細目 256 g/m2
ミューズ
タッチ
パルプ 弱目 ナチュラル
ホワイト
早い 早めに
描画する
と良い
弱い 可能 中目 137 g/m2
190 g/m2
TMK
ポスター
パルプ 弱目 ナチュラル
ホワイト
早い 不向 弱い 可能 細目 193 g/m2
217 g/m2
サンフラワー
A画
パルプ 弱目 ナチュラル
ホワイト
早い やや不向 弱い 可能
(調子をみながら)
画用紙の中では
中目
157 g/m2
サンフラワー
M画
パルプ 弱目 ナチュラル
ホワイト
早い やや不向 弱い 可能
(調子をみながら)
画用紙の中では
中目
205 g/m2
ラヴィ
テクニック
  弱目 ホワイト 早い やや不向 強い 普通 細目 250 g/m2
アルシュ
(荒目)
コットン 強目 ナチュラル
ホワイト
遅い きれいに
できる
強い 最適 荒目 185 g/m2

640 g/m2
アルシュ
(細目)
コットン 強目 ナチュラル
ホワイト
普通 きれいに
できる
強い 最適 細目 185 g/m2

640 g/m2
アルシュ
(極細目)
コットン 普通 ナチュラル
ホワイト
早い やや不向 強い 最適 極細目 185 g/m2
300 g/m2
356 g/m2
クラシコ
(荒目)
コットン 普通 ホワイト 遅い きれいに
できる
強い 最適 荒目 200 g/m2
300 g/m2
600 g/m2
クラシコ5
(荒目)
コットン
パルプ
普通 ホワイト 遅い きれいに
できる
強い 最適 荒目 210 g/m2
クラシコ5
(中目)
コットン
パルプ
弱目 ホワイト 早い 早めに
描画する
と良い
強い 普通 中目 210 g/m2
クラシコ5
(細目)
コットン
パルプ
弱目 ホワイト 早い やや不向 強い 普通 細目 210 g/m2
ニュー
ブレダン
コットン
パルプ
弱目 ナチュラル 早い 早めに
描画する
と良い
普通 普通 細目 233 g/m2
ミューズ
ブリアン
コットン
パルプ
弱目 ナチュラル 早い 早めに
描画する
と良い
弱い 普通 細目 275 g/m2
資料提供 ホルベイン画材(株)・(株)ミューズ(http://www.muse-paper.co.jp/)
 
Copyright (C) 2001 eokaku.com All Rights Reserved.
無断転載禁止